2018/05/06

新メニュー情報 テラピーカラー



5月中旬開始のLUZ の新しいカラーリングメニューを紹介致します。

進化したヘナ『テラピーカラー』シリーズです。

高い安全性と染色を確立した『新時代のヘナ』です


●ヘナの常識が変わる。

●ノンジアミンなのに1度でしっかり染まる。

詳細はスタッフまで。





そもそも『ヘナ』とは?

◎西南アジアから北アフリカまで自生しているミソハギ科の植物。
 最大の原産国はインド。

◎美と幸運の女神、ラクシュミーが好む植物として知られています。

◎モロッコやインドなどで、マニキュアやボディペイントにも用いられています。

◎中近東でも古くから用いられ、旧約聖書にも登場し、枝、葉、実ともに
 薬や染料として身近に用いられてきました。

◎ヨーロッパでもヘアトリートメント剤、染料剤として普及しています。

※このように、ヘナは古くから世界のさまざまな場所で美容や医療の分野と深く
 結びついた植物です。







成分名・どういう原料なの?どういう効果なの?

ヘンナ(ヘナ)
インド・エジプト等が原産の常緑低木 - 毛髪にハリ・コシ・ツヤを与える事のできる天然植物染料
ナンバンアイ葉
マメ科の植物(別名インディゴ) - 髪を健やかに整え、黒く濃い色に染める天然植物染料
ウコン根(ターメリック)
ショウガ科の多年草植物 - 坑酸化作用のある天然植物染料
ログウッドエキス
南米に自生する常緑の低木 - 黒に最も近い天然植物の染料
HC染料
化粧品認可の染料、口紅等にも使用される - 髪には染まり、肌には染まりにくく刺激がない安全性の高い染料
カシアアウリクタラ葉
マメ科の低木 - 毛髪のパサつき、乾燥、頭皮のフケ・かゆみを抑える
アンマロク果実
トウダイグサ科の植物 - 抗酸化作用・保湿作用
ムクロジエキス
ムクロジの果皮から得られるエキス - 抗炎症作用・抗菌作用
ショウヨウダイオウエキス
中国原産の多年生草本植物 - 保湿作用・消炎作用
ラベンダー花
シソ科の背丈の低い常緑樹 - 抗炎症作用・抗菌作用・抗酸化作用
ビャクダンエキス
ビャクダン科の植物 - 抗菌作用・抗炎症作用・かゆみを抑える
加水分解ダイズエキス
女性ホルモンに構造が似た大豆から採取 - 保湿作用・肌荒れ防止
加水分解コラーゲン
魚などから採取されるコラーゲン - 保湿作用・柔軟化作用
セルロースガム
樹木の細胞壁から採取される - 安定性向上・保湿作用
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド
豆科植物グァーの実から採取 - 毛髪のコンディショニング性を向上




施術に関する詳細はスタッフまで。






BloggerのHAIR STUDIO LUZは

このブログHideki Tomoharaなりました。

店の新製品情報、
定休日のお知らせ などもこちらになります。

よろしくお願い致します。

※4月からの東京は外苑前から神宮前へ変更致します。
詳細はLUZまで。


























0 件のコメント:

コメントを投稿